【福岡・糟屋郡・志免町の整体】福岡市地下鉄「福岡空港駅」から車で3分、腰痛・肩こり・膝痛・股関節痛・慢性疲労なら口コミで人気の「松崎からだ回復センター」

腰痛・ぎっくり腰の症例

当院ではこのような症状に実績があります。

  • 慢性的な腰痛で辛い
  • ぎっくり腰を何度も繰り返している
  • 朝起きると腰が痛くてしばらく動けない
  • 仕事をしているとどんどん辛くなってくる
  • 痛みで生活を楽しめない
  • 立っているのも座っているのも辛い

症例5

患者

女性 60代

来院

2010年1月

症状

10年前からの腰痛で辛い思いをしてきた。6年前近所の整形外科にてMRIを撮る。腰椎ヘルニアと診断され時々リハビリ通院するも繰り返し激痛に襲われた為、再度昨年MRIを受診結果第4腰椎すべり症と再診断。歩行困難、右足先までのビリビリする痛みと痺れが出て鎮痛薬ロキソニンで抑えている。15分歩行が限界で長く立つと右足パンパンで膝が曲げれない程痛みが出る。それに併せて首肩背中は常にジンジン痺れている。医師からは手術を勧められているが友人の紹介で当院へ来られた。

施術内容と経過

立位検査左肩下がり 首前方傾斜 挙上検査右50左40 ASIS検査右2.0上方 PSIS左下方1.0
膝曲げ検査右1.0 膝上げ検査右2.0

仰臥位では仙骨、臀部、膝裏全てにおいて痛みが走り緊張状態となるために横向きでの施術で調整。3回目までは痛みの軽減はなかったものの、立ち姿が若干ではあるが真っ直ぐになってきた。5回目より仰臥位での施術が可能になってきたので腰背部捻転、体幹牽引など骨格系を牽引する施術に移行し筋肉、関節他、深層筋へのアプローチを試みる。
9回目を過ぎた頃には痛みは出るものの歩行状態がかなり楽になってきて姿勢自体も改善の傾向にある。今後も集中した治療に専念していけば回復が期待できる。

施術に使用した技

腰背部筋弛緩法・上腕回転筋弛緩法・体幹揺らし牽引法・挙上揺らし牽引法・頚椎筋弛緩法
後頭部揺らし牽引法・頬骨脈動調整法・側頭骨軽圧法

考察

25年間のデスクワークでかなり心身ともに無理をされてたみたいだ。お話を聞くと事務処理中の姿勢では机と椅子の高さ調整ができず凄く悩んでいたらしい。夕方近くなると決まって全身がビリビリするくらい違和感が出て変調を感じてきたのだが検査に行く暇が無いくらいの忙しさであった。精神的にも肉体的にも疲労蓄積された期間が長かったので治療期間は長期になるだろう。今後、腹筋と背筋のバランス及び脊柱の調整をしながら自律神経系へのアプローチをしていけば必ず回復に迎えると思う。

 

症例4

患者

男性 30代

来院

2008年7月

症状

6年前からの腰の痛み、臀部痛、首の痛み、手の痺れで来院。最近特に腰、頸ともに激痛が走り眠りが浅く目の痛みやかすみ、めまいと片頭痛も感じるようになってきた。
国立病院から脊損センターにて検査。頚椎ヘルニア、腰椎ヘルニアと診断された。
整形外科では鎮痛剤ロキソニン処方され併せて漢方薬も血行促進を前提に服用中であるが中々改善に至らず知人の紹介で来られた。他の症状では両足指先の痺れと右手痺れ及び震えがある。

施術内容と経過

立位検査右肩下がり 首前方傾斜 挙上検査右30左30 ASIS検査左2.0上方 PSIS左下方1.0 膝曲げ検査右1.0 膝上げ検査右2.0

立位検査にて背骨C字湾曲でまっすぐ立てない。斜めになっている事に自覚が無いとの事。歩行30分で痛みが出るらしく片方重心で骨盤の歪み大である。1~4回までの施術は痛みによる筋肉緊張を和らげることに集中した。少しずつではあるが背中及び首周りの力が抜けるようになったので腰部の牽引施術を毎回入れるようにした。10回目からは歩行時の痛みが10分以上長く歩けるようになってきた。今後も全身の緊張をとりつつ体幹部分を中心に施術して今以上のバランスを身体に覚えさせていきたい。

施術に使用した技

腰背部筋弛緩法・上腕回転筋弛緩法・体幹揺らし牽引法・挙上揺らし牽引法・頚椎筋弛緩法・後頭部揺らし牽引法・頬骨脈動調整法・側頭骨軽圧法

考察

自営業(ネット通販業務)でかなりの時間デスクワークをして首、腰ともに前かがみが
何年も続いたのが原因である。それによる頚椎前傾、背骨の正常なカーブの崩れでいろんな部位に痛みが出てきた神経伝達系の乱れも含まれる症例である。そして集中すると時間を忘れ夜中も延々と仕事をされ睡眠不足で疲労蓄積も要因のひとつであると思われたので毎日の入浴と睡眠時間の確保を指導している。

 

症例3

患者

女性 40代

来院

2009年3月

症状

腰痛、右足首痛、右大腿からふくらはぎ、つまさきまでの痺れで来院。3年前に事務所の書庫を整理中に電源コンセントで右足をひっかけ転倒した。その後整形外科にかかり足首はく離骨折と診断。電気治療等や投薬にて様子を見つつ数回通院後そのままにして足首ほか前述の部位も痛くなった。他院を転々と行くも改善がかんばしくなく当院へ来院された。問診では小学生のときから軽い腰痛があり、中学生時には腰椎すべり症と診断されたことがあるとのこと。ちなみに学生時代はソフトボールを本格的にし怪我も多かった。

施術内容と経過

挙上検査 右腕3cm長い、ASIS検査2.5cm右上
標準アプローチ法を基本に施術後、足指扇開運動、軽打法、静圧施術する。
4回目までは足底筋に激緊張があり、緩むと足がつり、ふるらはぎまで痛みや痺れ走る。
大腿の緊張に対し、筋繊維横牽引法、片足Z、大腿から順に足首まで筋膜を意識しながら弛緩施術を繰り返し行う。。その場では良くなるが、直ぐに戻ってしまうが7回目からは身体全体の歪みも取れ、真っ直ぐに立てる様になってきた。バランスが毎回良くなり歩くのがスムーズになったそうだ。現在13回の施術でかなりの痛みも取れて今後は回復プログラムに移行し予防定期通院される。

施術に使用した技

腰背部筋弛緩回復法・上腕回転筋弛緩回復法・体幹揺らし牽引回復法・挙上揺らし牽引回復法・頚椎筋弛緩回復法・後頭部揺らし牽引回復法・側頭骨軽圧回復法

考察

今回の痛み、痺れは主訴をかばいつつの長時間デスクワーク、歩行時の極端な片方重心による脊柱、骨盤の歪みが原因と考えられる。その歪みによって下肢に過緊張を増幅し足首までにその痛みが及ぼした。典型的な姿勢の不安定からなる痛みが出る例だと言える。
初回の立位検査時には右肩の下がり骨盤の歪み、背骨のC型湾曲を患者様本人がビックリするほどの歪み体感された事により集中して諦めずに根本姿勢改善治療をする旨を快諾されしスムーズに施術計画をたてられた。今後も引き続き姿勢の大事さを指導する。

 

症例2

患者

女性 50代

来院

2008年7月

症状

3ヵ月前からの右手指先の痺れ及び肩、、首、背中、腰の痛みで来院。整形外科にてMRI検査し頚椎ヘルニア、腰椎ヘルニアと診断。鎮痛剤ロキソニンで痛みを抑え働いていたが2時間おきに痛みで目が覚めるほどに悪化したため友人の紹介で来られた。
後頭部から肩甲骨にかけては常に違和感、特に起床時には首が回らないほど固まっている。眼精疲労も辛い。下肢においては両大腿部から膝、足首にかけての鈍痛が常時ある。自覚症状は常時緊張状態との事。

施術内容と経過

立位検査右肩下がり 首前方傾斜 挙上検査右45左30 ASIS検査右2.0上方
PSIS左下方1.0 膝曲げ検査右1.5 膝上げ検査右1.0

立位にて検査するも真っ直ぐに立てない。右肩が前方へ突き出てかなりの猫背。背骨は逆Cの字に湾曲している。頚椎前方へ落ちていて肩甲骨周り、特に胸椎8番付近の歪みと緊張が大である。初回から3回目までははベッドに仰向けになると首が着かない位に胸筋に緊張が強かった。以下、アプローチ法にて現状の緊張と歪みを取るべく施術をする。
8回目まで手の痺れは中々改善できないが首から背中のまでの痛みが軽減。下肢の鈍痛も少し軽減している。手の痺れが多少軽減してきたので現在18回2ヶ月を経過したが今後も定期的な施術が必要である。

施術に使用した技

腰背部筋弛緩法・上腕回転筋弛緩法・体幹揺らし牽引法・挙上揺らし牽引法・頚椎筋弛緩法
後頭部揺らし牽引法・頬骨脈動調整法・側頭骨軽圧法

考察

長時間のPC作業による頚椎への負担と作業中の姿勢の悪さが引き起こした背骨の歪みが原因であると推測される。それに加え納期が迫ってくる精神的な不安と恐怖感も緊張と身体の歪みに影響しているみたいだ。自律神経系のアプローチも試みることも考えていかなければと思う。それと痛みによる睡眠不足が疲労蓄積となり椎間板への悪影響で下肢にも影響してきた。今後出来る事は定期的な予防治療と睡眠、入浴、姿勢の三大健康要素を意識して身体に刷り込むこと。脊椎の歪みを正常化していけば膝、腰、足首全てに改善度が期待できる。

 

症例1

患者

男性 60代

来院

2008年6月

症状

2ヶ月前から右腰~右大腿部内側~右膝の激痛で眠れない事で来院。消炎鎮痛剤(ロキソニン)を服薬中である。1年半前に父親が倒れ介護が必要となり少しずつ腰に違和感が出てきた。整形外科にてMRI検査するが異常なし。ブロック注射効果なしで現在は薬でごまかしながら生活している。痛みで睡眠不測になりかなりの疲労蓄積で時々頭痛も出てきた。

施術内容と経過

挙上検査右30左90 ASIS検査右2.5上方 膝曲げ検査右1.5 膝上げ検査右1.0
全身が異常緊張で過敏な反応を訴える為に1回目から3回目までは筋肉に緩やかな捻転で弛緩する事に重点を置く。4回目から激痛でベットに寝るのが苦痛だったが原位で微圧、軽圧、軽擦、筋繊維横牽引の応用を加え腰が楽になり睡眠が取れるようになる。座位&側臥位で微圧、軽圧、軽擦、筋繊維弛緩法を最初に施すことで8回の施術で歩行も楽になり、側臥位で寝れるようになるが疲労も少しずつ取れている。現在ペインスケール10→4まで改善しているので今後自己回復力に期待している。

施術に使用した技

腰背部筋弛緩回復法・上腕回転筋弛緩回復法・体幹揺らし牽引回復法・微圧・軽圧

考察

前職が倉庫管理業で常時重量物の出し入れ等でかなり腰や膝に負担かけていた経緯がある。また今回、今親の介護が増え、従来痛めていた部位に対しての加重が激痛で発症したケースである。日常の介護では入浴介助やトイレ介助の回数が多い為、脊柱にかかる負担が歪みの増幅の原因であり今後介護の専門家を交えての話し合いで介護リフォームも視野に置かなければならないだろう。

 

投稿日:2017年6月22日 更新日:

Copyright© 【福岡市・糟屋郡の整体】マッサージ師も通う「松崎からだ回復センター」 , 2017 AllRights Reserved.